特徴を知る

清潔にしておく

給湯器の種類とその特徴

給湯器を選ぶときに迷うのがガスと電気どちらにするかだと思います。ガス給湯器にも電気給湯器にもメリットとデメリットがあります。ガス給湯器は水栓を開くだけですぐに着火してお湯が出ます。素早くお湯がでて必要な量だけ使えるのがガス給湯器のメリットです。また、導入コストの面から見てもガス給湯器は電気給湯器より安くてお得です。ガス給湯器のデメリットとしては電気よりもラニングコストが高いことが挙げられます。光熱費の面から考えると、電気給湯器のほうが深夜電力などを利用できるのでお得になります。また、運転している時の運転音も電気給湯器よりもガス給湯器のほうが大きくなります。給湯器の寿命はガス給湯器が10年、電気給湯器が20年と言われています。

給湯器の買い替えのタイミング

給湯器を取り替えるタイミングは、だいたい10年〜15年が目安です。中古住宅に住んでいて最近給湯器の調子が悪いなと思ったら、給湯器の製造年月日を確認してみることです。15年以上過ぎていたら、修理に出すよりも新しい給湯器に買い替えることをお勧めします。買ったばかりの給湯器に何らかのトラブルがあった場合、故障ではなく意外と単純なことで直ることもあります。お湯が出が悪くなったり、設定温度にならなくなった場合、コンセントを抜き差しすると直ることがあります。また水漏れがあった場合はバルブを閉めるだけで直ることもあります。自分で直せないようなトラブルが起こった場合でもメーカーの保証期限内なら無料で修理してもらえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加